当院の根管治療は80%以上の確率で再発がありません

モリシタ歯科医院の根幹治療

虫歯の進行とともに歯の中の神経が細菌感染を起こすと、根管治療(神経治療)が 必要です。

モリシタ歯科医院は80%以上の確率で再発がありません。
それはどこよりも、再発を防ぐための根管治療に重点を置いているからです。
歯牙については約95%。細菌感染を伴うやりなおしの根管治療については約80%の成功率を誇っております。

根管治療のPOINT

メリット1.歯の根管への細菌の侵入を防ぐ
メリット2.すでに入ってしまった細菌は、できる限り消毒する
メリット3.感染を起こしている箇所を見つける

根管治療の工夫とPOINT

十分な問診と審査について
患者さまから以前行った治療や現在の症状を問診いたします。それにより各種の診査をいたしまして原因を特定し、最適な治療をプランニング致します。

ラバーダム防湿について
歯科治療で最もポピュラーで不可欠なラバーダム防湿法を行います。 ゴムマスクをすることにより、唾液などに含まれている細菌の侵入を防ぎます。 また、器具の誤飲防止にも効果を発揮しております。

手術用実体顕微鏡(マイクロスコープ)について
歯には根管があり、それを肉眼で全てを確認するのは非常に困難です。その時に必要なのが手術用実体顕微鏡です。これにより根幹の細部から、歯に入っている小さなヒビも見つけることが出来ます。

器具の滅菌につてい
モリシタ歯科医院では、治療に使う器具を右記のように全てをセット化しております。当然ですが必ず全てを滅菌処理しております。

しっかりとした仮詰め
治療が複数回にわたる場合、最も重要なのは「仮詰め」です。
この仮詰めを怠った場合、せっかくの根管治療による消毒が意味のないものとなってしまいます。
その為にも丈夫な詰め物で仮詰めを致します。

消毒薬について
洗浄と消毒が重要です。洗浄剤は身体に害がないように「0.5%次亜塩素酸ナトリウム」を使用しております。そして消毒効果が高い「水酸化カルシウム」を使用し細菌の繁殖を防ぎます。

治療回数の短縮
治療内容や状態により違ってきますが、概ね約2~4時間を1~4回ほど行います。
治療回数と細菌感染率は比例してしまいますので、モリシタ歯科医院では
可能な限り治療回数を短縮するよう行っております。それにより感染のリスクを軽減します。