口腔外科は、口に関する様々な症状に対応することができます

モリシタ歯科医院の口腔外科

口の様々な症状に対応する口腔外科。
正式名は口腔、顎、顔面外科(Oral-Maxillo-Facial-Surgery)と言います。

主に首から上で、口の中や周辺はもちろん、顎や顔面全体の広範囲での診断と治療を目的とし、
そして予防まで行う専門的な療法を担当する分野です。

口腔外科で治療する主な疾患

~外傷~
不意の事故や交通事故などで損壊した、
口やその中の舌・歯など、顎などの骨折の外科手術

~腫瘍~
口腔外科ではさまざまな腫瘍の治療を行います。
腫瘍の種類には良性と悪性があります。悪性には口腔がんや他にも肉腫、悪性黒色腫など悪性腫瘍など多種多様です。

~炎症~
右記の写真のように口の中にある細菌によって感染し、顎炎、顎骨骨髄炎、顎周囲の蜂窩織炎など広い領域で化膿や炎症が起こります。

~嚢胞~
右記の写真のように口の中に袋状の症状が出るのが嚢胞といわれる疾患です。この症状になった場合、その周囲の組織を破壊しますので、早めの手術が必要です。

~先天異常~
口の周りや中、そして顎には生まれついての先天的に生じる異常が先天異常です。他にも舌に現れる舌強直症や、遺伝性による顎や顔の形成異常など、種々の異常が発現します。

~顎変形症~
症状が軽い場合は歯列矯正で十分治すことができますが、重い場合は顎の骨を切るなどの手術が必要です。原因としては先天異常や発育異常などがございます。

~顎堤の異常~
長期間の義歯使用の時にみられます。顎の骨が小さくなり義歯の安定が悪くなります。
対処法として、顎堤を高くする等をし、義歯を安定化させます。

~唾液腺の疾患~
唾液腺(ツバを分泌する器官)の疾患です。症状として唾液腺腫瘍、唾液腺炎、唾石症があり、
治療は薬物治療や手術などで治すことが出来ます。

~神経疾患~
近年の医学の進歩により診断方法や治療法が確立されました。
症状として舌咽神経痛、顔面神経麻痺などがあり、薬物療法中心の治療で改善されますが、
手術が必要の時もあります。

~摂食・嚥下障害~
疾病や老化、発育の障害や脳血管障害などの原因によって、飲食物の咀嚼や飲み込みが困難になる障害をいいます。改善するために機能の改善をするための訓練を行います。

~顎関節症~
顎が鳴ったり、口が大きく開かないなどの開口障害が顎関節症です。
様々な症状がありますので、複雑な症状に対応した治療が必要です。

~その他の疾患~
「口腔粘膜疾患(口内炎や口腔粘膜に生じるいろいろな病変)」「口腔乾燥症・ドライマウス(唾液腺の疾患や薬の副作用など)」「味覚障害(口腔心身症など)」」

~歯科治療を安全に進めるための全身管理~
種々の歯科治療を安全に進めるため全身管理を担当いたします。